はじめに

※この記事は筆者が大学での課題レポート「AI技術のユーティリティ化が可能かどうか、自分の考えを結論と理由でまとめよ」を基に記事化したものです。
学術的な感じにまとめてあるので(未熟ですが…)ちょっと読み難いと思いますが皆さんの役に立てればと思います。

おすすめリンク

序論

私は,AI記述のユーティリティ化が可能であると考える.

AI (Artificial Intelligence: 人工知能)技術はビッグデータの普及や計算機性能の発展を背景として機械学習やディープラーニングと呼ばれる手法を中心として発展を続けている.これらのAI技術はGoogle社による検索エンジンをはじめとして既に実世界にも影響を与えている.

このように近年急速に普及している“人工知能”という言葉の定義とは何だろう.初めて人工知能という言葉が使われたのは1956年に行われたダートマス会議でのジョン・マッカーシーによると言われている.人工知能という言葉の定義は一説では「知的な機械、特に、知的なコンピュータプログラムを作る科学と技術」と説明されているが知性や知能に定義がないことから人工知能に対する定義自体もまた困難であると言われている.

これらAI技術をはじめとして処理速度や通信技術の発展,各種センシング技術,VR(Virtual Reality: 仮想現実),AR(Augmented Reality: 拡張現実),MR(Mixed Reality: 複合現実),移動技術などの様々な技術革新によって今後の世界は大きく変化していくと考えられる.

本レポートでは,AI技術を用いて今後実現していくと考えられる社会や働き方の変化について述べる.

AIが得意な仕事,人間が得意な仕事

電話の交換手や切符売りなど,かつては存在した職業が技術革新によって消えてしまうことは今までも度々存在した.しかし,今後はAI技術を中心とした様々な技術革新によって今まで以上に人々の働き方の変化が起きると考えられる.

AI技術が得意な仕事としては広く浅い仕事.つまり,ある程度単純であり定型的な業務のうちある程度のミスが許容される仕事である.
一方,人間が得意な仕事としては深く考え新たな発想が必要な仕事と人間が直接的に関わりあう仕事である.前者はニーズを捉えてサービスや商品を開発することや後者はサービス業などが例に挙げられる.機械はゼロベースで考えることが苦手であり,人間は機械にサービスされるより生身の人間にサービスを受ける方を好む.

これらの背景を踏まえると人間が行う仕事とAIが行う仕事と切り分けるのではなくより複合的に相互が助け合うことが必要であると考えられる.例えば,書類の作成やデータ整理などのルーティンワーク,警備などの侵入者検知システム,医療画像自動診断システムなどある程度のところまでを機械で短時間に完了させ,その後の最終チェックや人との関わりの部分や監督部分を人間が行う必要があると考えられる.

変化する働き方と日常生活

前章で述べたように今までの業務で大きな部分を占めていたルーティンワークの大部分が淘汰される運命であると考えられる.例えば,データ処理のために必要な入力業務は画像処理や各種認識技術の向上によって大幅に減ってくると考えられる.たとえ識別率が100¥%でなかったとしても間違いである可能性のある部分が機械によって示唆され,それらを人間の手で最終校正を行うという流れにはなるはずである.

これらの変化は一般的サラリーマンだけでなく専門職分野にも浸透が広がっていくと考えられる.自動運転技術の進歩に伴い,高速鉄道や航空機にもAI技術が取り入れられることが予測される.更には医療や農業,その他様々な分野にも広がっていくと考えられる.

日常生活にも大きな変化が起きると考えられる.かつては印鑑と通帳が必須で営業時間内でないと現金の出し入れが出来なかったが現在では24時間ATMで現金の出し入れが可能である.どこかへ行くにしても目的地までの経路,乗り継ぎ,費用などを予め紙の地図や時刻表などを用いて調べてからというのは現在では経路アプリ一つですぐに調べられる.

このように過去の常識は今や考えられないほど不便な世の中であり,現状の生活もこれからの社会の発展とともに大きく変わるはずである.そしてこの変化は誰にも止められるものではなく,また予測も容易ではないと考えられる.

私たちに求められるこれからの未来でのあり方

近い将来の話でAIを用いた様々なサービスは想像をはるかに超えたスピードで広がり,そして浸透していくと考えられる.しかしAIの生みの親が人間であり,また使う側も人間であることは忘れてはならない.
人工知能が有用かどうかというよりは私たちが人工知能のことを理解して有用な人工知能を作ること.また,人工知能側にも私たち人間を理解してお互いに助けあう仕組みを作っていくことが重要であると考えられる.

これらの課題をクリアしてこそAI技術のユーティリティ化が可能であると考えられる.そして,私たちはAIに代替されない人材としての能力を身につけていくことが求められていると考えられる.

おわりに

いかがでしたか?

かなり読みにくい文章でしたがここまで読んでいただきありがとうございます。

今後も人工知能は発展していくと思われますが、私たちもそれに負けないくらいのスキルを身につけていきたいですね。